精密機器にスリット加工された部品を使う

精密機器にはスリット加工された部品が不可欠です

軽量・小型

私たちの生活の周辺には精密機器があふれています。何気なく使ってるテレビやパソコン、スマートフォンに時計など。また、工場においても精密機器の製造だけでなく使用も行われます。これらの機器は数々の部品が細かく組み込まれることによって成立していますが、その中でスリット加工を施したものも多く使用されています。

スリット加工とは、引きのばされてロール状に巻かれた金属に対し、均等に切り落とす加工方法です。これにより、均等でぶれがない大きさの部品を大量生産することができるのです。この技術は、精密機器の各部品によく使用され、精密機器の機能を最大限に引き出す役目を担っています。

スリット加工された部品は、精密に作られることはもちろん機器の軽量化を目指すためにより軽く作られることが求められています。また、小型化も順次進められており、このようなスリット加工部品の進化が今日の技術の躍進を助けています。

もちろんただ小さくて軽いだけでは成立せず、均一のクオリティのものを大量に作り、ブレがないように仕上げる必要があります。その技術にかけては日本は大変長けており、スリット加工に対する制度は精密機器の精度にもつながっています。

このような部品がさらに良質になっていくことによって、さらに機器の発展も見込めます。

おすすめリンク

安心の技術で多くの企業が利用しています。スリット加工の相談ならこちらのサイトがオススメですよ。

カレンダー
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031